blog_hiro_8

Work Shop 姿「お母さんの姿、子供の姿」3回目レポート

Posted on Posted in 【workshop姿】

Work Shop 姿「お母さんの姿、子供の姿」3回目を終えることができました。

今回から少し流れを変えて、新しい展開に。

今まで完全に分かれてワークを行ってきましたが、今回からリクエストを多くいただいていた親子のワーク。

というか子供へのワーク。

なんですが、、、僕に子供に教えられることは一つもない。

小学校低学年の彼ら(彼女ら)は「今」の状態がバッチリなのだ。

子供の未来の姿を考える母親、そんなことお構いなしの子供。

そりゃーそうだ。

母親はいろんな経験をしてきたから、わかってることがある。

「その道は獣道だよ。」と言いたくなってしまう気持ちもわからなくもない。

でも、子供は、、、全てが初めて。

彼らからしたら、どれだけ素晴らしい助言であろうと

「すっとこどっこい、てやんでぇ、引っ込んでろ。」なのだ。

子供に姿勢を強要することはできる。

でも、それをして本当に子供の姿が変化するんでしょうか。

blog_hiro_

blog_hiro_2

僕は子供のころ、姿勢を誰かに教わったことはなかった。

誰からも教わらない姿勢。

正しい、正しくないではなく、カッコいいかカッコ悪いかで判断していた。

教えても伝えらない姿勢の大切さを、どうしたら伝えることができるのでしょうか?

姿勢は教えられない。

でもカッコいい姿はみせてあげることができる

blog_hiro_1

「今」のお母さんの姿は、「未来」の子供の姿と繋がっている。

それを伝えることができるのは、僕じゃなくてみなさんです。

というお話をさせていただきました。

参加してくれた皆さん、カッコよくなってくれて、ありがとうございました。

やっぱり、母親がカッコよく歩く姿が一番伝わる。

初の試みだった親子の姿。

楽しく、潤いのある時間でした。

そして、裏側で相変わらす最高のサポートをしてくれチーム姿のみんな、今回もありがとう。

いつもいつも、みんなが手伝ってくれるおかげで、この親子のワークショップは成り立っている。

本当にありがとう。

blog_hiro_9

blog_hiro_6